フットケアどっとこむ

その他のフットケア

外反母趾

外反母趾とは、足の親指の形が変形してしまう症状で、特にハイヒールを長時間履いている女性におおいとされています。

仕事で1日中ヒールの高い靴を履いて過ごしている人の場合、足にかかる重力が普通の靴を履いている人に比べて大きく、女性はもともと筋力も少ないことから、男性よりも女性に多いとされてきましたが、最近ではヒールをはかない子供にも外反母趾の症状がみられるようになっています。

この為、靴が調節の原因ではなく、無意識で指の付け根に重心をかけて親指の力が退化してしまうことが、外反母趾の原因と最近は考えられています。

外反母趾は、親指が外に向かって「くの字」に曲がってしまい、骨が変形したことで足の裏に、特徴的なタコを形成して、痛みが生じることもあります。また、親指の付け根の突出部分が靴に当たって炎症や、腫れなどえお生じたり、突出部が繰り返し刺激されることで、神経が圧迫されてしびれや痛みが発生する場合もあります。

足の形態異常によって、歩きにくさを感じたり、疲れ易くなってしまい、酷い場合は親指が人差し指の下に入り込んでしまう事もあります。外反母趾のフットケアでは、サポーターで足の指を固定して、足の変形を戻す方法が一般的ですが、症状がひどい場合は、痛みを解消する為に骨を削る場合もあります。

外反母趾の予防には、歩き方を意識して負担をかけないようにし、サイズのあった靴をはくことが大切です。また、外反母趾のフットケアでは、ビーチサンダルや下駄といった靴で親指の筋力を強化する事も効果的です。

スポンサードリンク