フットケアどっとこむ

その他のフットケア

巻き爪

フットケアでは、足の裏の皮膚や足の骨格を正すこと以外に、足の爪をケアする事も含まれます。足の爪に生じやすい症状として、巻き爪という爪が内側に向かって巻いて生えてしまう症状があります。

巻き爪の症状は親指に症状が出やすい傾向があり、自分の爪が足の肉に食い込んしまい、激しい痛みや出血が生じて歩行も困難になる場合もあります。足の痛みをかばうので、歩き方がおかしくなり身体にも負担がかかって腰が痛くなったり、膝なども痛みが生じるようになります。

このような巻き爪の原因は、高いヒールをはいていたり、先が細いパンプスなどでつま先を圧迫してる事が考えれます。また、長期間の立ち仕事でも、足に負担がかかりやすいと言われており、足を強打したり深爪などで皮膚が森あってしまった場合も、巻き爪になる可能性があります。

爪は長過ぎても靴にあたったりして爪に負担を与えますが、短く切りすぎてしまうと爪の周りの皮膚が盛り上がってカエルの指のようになってしまいます。

すると、爪が皮膚に圧迫されて、前に向かって伸びる事ができず、巻き爪になってしまいます。巻き爪の人では、爪が巻くないように短くしている人がいますが、悪化の原因になってひどい巻き爪になってしまうので、絶対にやめましょう。

基本的に巻き爪は自分では治すことができないので、病院などで爪の矯正をおこない治療しましょう。巻き爪のフットケアでは、爪は長すぎず短すぎない長さに切りそろえ、足に変な負担のかからないように無理のない靴を履くようにしましょう。

スポンサードリンク