フットケアどっとこむ

その他のフットケア

爪水虫

爪水虫は水虫が爪の中に侵入することで感染する症状で、足の水虫の治療が不完全な場合、足の角質だけでなく爪の中にまで入り込んで爪水虫になってしまいます。爪水虫の場合、足の水虫のように痒みがないので、症状に気づかない人も多いです。

爪水虫の症状は、親指に症状が出やすく、爪が変形したり、白く濁って変色したり、爪が欠けたり異常に厚くなるなどの症状が見られます。

水虫菌は、切った爪の中でも生き続けることができ、半年間は切った爪の中で生きているので、切った爪のかけらが家の中に落ちている事のないように、掃除はマメに行い清潔にしておくことが、爪水虫のフットケアになります。

爪水虫を放っておくと、爪がどんどんもろくなって、歩く時に痛みを感じたり、歩行困難になってしまいます。爪水虫は市販薬では完全な治療する事が困難で、爪は皮膚と違って塗り薬が浸透しづらく、効果が得にくいとされています。

爪水虫に気づいたら皮膚科を受診するようにし、飲む薬で体の内側から治療していくのが一般的です。飲み薬の場合、血流にのって爪まで薬効成分が届くので、効果が現れるとされています。

爪水虫も水虫と同じく、感染した爪が全てなくなって、完全に新しい爪に生え替わらないと、完治する事は出来ないので、爪の伸びるスピードからも治療には1年はかかるとされています。爪水虫があると、水虫の治療をしても爪から菌が進出して増殖するので効果がなく、爪と同時に治療する事が望まれます。

スポンサードリンク