フットケアどっとこむ

O脚とフットケア

O脚

O脚は直立で立ったときに、両くるぶしをつけると両膝が開いてしまう状態を言います。日本人女性の80%は、じつはO脚であるとされており脚と脚の間に空間が空いてしまいます。

O脚は見た目にも美しくないだけでなく、将来的に関節炎などを引きおこす可能性があり、フットケアを行って改善していくようにしましょう。O脚と言っても、いくつかの種類があり、一般的なO脚は足のかかとをそろえて立つと、太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶしのどれかが離れてしまい、脚の形がアルファベットのOのようになってしまいます。

また、O脚と逆の状態のものにX脚があり、普通に立つと膝はくっついても、足の内くるぶしが離れてしまうって、脚の形がアルファベットのXになってしまいます。X脚は膝下が外に向いているので、歩くときに膝がすり合わさって、歩行中のバランスが不安定になります。

形は違いますが、X脚もO脚の仲間であり、他にもXO脚、OX脚などの症状もあります。O脚になる原因には様々あり、前傾姿勢で猫背の人はO脚になりやすいとされています。

猫背の人はたった時に力のかかる方向が均等ではなく親指の方向に力がかかり、内股に力が入りやすくなって、O脚の原因となります。

また、O脚が女性に多いのは、太ももの筋肉が弱体化している為であるとされており、太ももの筋肉が脚を支えられるほど発達していないと、体重を支えきれずにO脚にもなってしまうとされています。また、 横座りや片足体重もO脚の原因になるとされています。

スポンサードリンク