フットケアどっとこむ

O脚とフットケア

O脚の影響

生まれつきの骨格から、O脚となっている場合もまれにあります。生まれたての赤ちゃんは皆O脚で、成長していくにつれ真っ直ぐな脚になりますが、成長の過程で問題があった場合は、O脚のまま成長していく事になります。

ただ、ほとんどのO脚は生まれつきの骨格には無縁で、座り方や姿勢といった習慣が原因であることが多いです。しかし、生まれつきの症状ではないので、時間をかければ矯正することができるのです。

O脚を改善しないで放っておくと、O脚は冷え性になりやすくなってしまいます。血行が悪くなる原因に、骨格や脚の筋肉が歪んでしまうことが考えられますが、O脚によって脚の筋肉が歪んでいることが関係しています。

また、O脚はむくみとも関係があり、下半身太りの原因になります。O脚は冷えやむくみ、下半身太りといった症状の他に、腰痛の原因にもなります。腰痛の原因はO脚だけではありませんが、体のバランスが悪いことが影響している可能性があります。

腰は上半身を支えていますが、O脚で脚のバランスが乱れると腰が十分上半身を支えられなくなり、腰に負担がかかってきます。この為、腰の筋肉が無駄に使われて、疲れがたまりやすくなり腰痛になってしまいます。

さらに、長期間に渡ってフットケアもせずにO脚を放っておくと、歪んだ骨格が原因で軟骨がすり減ってしまい、関節痛の原因になります。このような症状を出さない為にも、フットケアを十分に行ってO脚は改善していかなくてはなりません。

スポンサードリンク