フットケアどっとこむ

O脚とフットケア

O脚予防のフットケア

日本人の90%はO脚であると言われており、特に女性にその症状が多いとされています。O 脚は見た目によくないだけでなく、膝の痛み、腰痛といった症状の原因になる可能性もあり、将来的には、関節炎などを引き起こして歩行が困難になる可能性があります。

このような事態にならない為にも、事前にフットケアをしっかりと行い、O脚にならないようにする事が大事です。O脚の予防では、足の筋肉をつけるためにスとレッチなどのフットケアも必要ですが、普段の歩行状態などを正しくする事も重要です。

歩き方はO脚に大きく影響し、膝やかかとに負担のかかるような歩き方は、O脚の原因になるので気をつけましょう。フットケアを意識した歩き方では、背筋を伸ばしてあごを引いた状態で、おなかを引っ込めるよう力を入れて歩くようにしましょう。

このようなあるき方は、O脚の予防になるだけでなく、姿勢も矯正されて歪みが解消され、ダイエット効果も期待出来ます。慣れないうちは、歩くだけでも非常に苦痛になりますが、慣れてしまえば痩せやすい体質になって、フットケア以外の効果も期待出来ます。

歩くときは、着地するときはかかとから、小指から親指の順番に体重を移動させて、足全体で地面に着地しましょう。O脚を目的としたフットケアでも、自分の足に合った靴をはく事が大切です。

例えばハイヒールなど重心が前に移動しがちな靴や、サイズの小さい靴は、体を安定させる為に、普通の靴よりも膝に負担がかかり、膝がゆがんでO脚の原因になります。なるべく負担の少ない靴を履くようにし、O脚にならないようにしましょう。

スポンサードリンク