フットケアどっとこむ

O脚とフットケア

マッサージでフットケア

マッサージでフットケアする場合は、足全体をケアしてあげるように意識する事が大切です。足首は身体を支える重要な場所で、疲労が溜まりやすく血行が悪くなって、足のトラブルを起こしやすくなります。

足首マッサージのフットケアの方法は、座ったままで片膝を立て、外くるぶしと内くるぶしの間に両手の親指を当てて円をかくようにマッサージします。

また、足首が固いと怪我をしやすくO脚のフットケアを行っていても、痛みが発生したり危険です。足首のマッサージは、ふくらはぎなど目立つ部分を両手の親指で、押したり揉んだりしましょう。

足首のマッサージが終わったら片膝を横に開き、ふくらはぎのマッサージも行います。足を開く時に、太ももの付け根が痛むほど無理に開く必要はないので、自分に合った角度で行うようにしましょう。ふくらはぎのマッサージは、血行の改善に効果があり、むくみを解消する事ができます。また、バランスよく筋肉がつくようになるので、骨格の改善になりO脚を改善する効果も期待出来ます。

O脚のフットケアでは、すね部分のマッサージは重要で、特にO脚の人はすねの筋肉が固くなっている傾向があり、O脚の症状が悪化しない為にも、よく揉み解して筋肉を柔らかくしておきましょう。筋肉のコリが解消されると、膝や足首などO脚の影響を受けやすい部分に余計な負担をかける事が少なくなって、症状の改善が期待出来ます。

すねのフットケアは、座った状態で片膝を立てて行い、親指以外の4本の指を使ってマッサージします。 すねの外側の筋肉を、下から上に移動するようにマッサージしていくと効果的です。

スポンサードリンク