フットケアどっとこむ

水虫とフットケア

水虫とは

水虫とは、足の皮膚に起こる皮膚病で、足白癬という細菌によって引き起こされるとされています。水虫の症状では痒みをともなう事が非常に多く、足の皮膚に水包ができたり、皮がむけてしまう事もあります。

水虫の原因として多いのが、足白癬というカビの菌に感染する事でなりますが、足白癬以外にも皮膚糸状菌というカビに感染すると、水虫になります。また、水虫は足しかできないと考えている人もいますが、角質層に皮膚糸状菌が感染する状態をいうので、足以外に水虫が感染することもあります。

一般的に、カビ菌は高温多湿の環境を好むので、水虫になりやすい季節は夏が多いとされています。水虫は非常に繁殖力が強いので、家族に水虫の患者がいる場合は注意が必要です。

ただし、水虫は風邪のように空気感染したり、水虫の皮膚を触っても移る訳ではありません。水虫の原因である白癬菌は、高温多湿の状態になる事で皮膚の角質中に入り込むとされています。

この為、水虫に感染した皮膚に触っても、即感染する訳ではないのです。しかし、水虫の人が履いた靴を履いたり同じバスマットを使用すると、高温や多湿と言った水無虫の繁殖しやすい環境が整うので、水虫に感染した角質として剥がれ落ちたりすると、新しい皮膚への感染してしまいます。

この為、一緒に暮らしている家族が、感染しやすいとされています。水虫の症状は放っておいても死ぬ事はありませんが、感染が確認できらた直ちに治療が必要です。

スポンサードリンク