フットケアどっとこむ

水虫とフットケア

水虫のケア

水虫の症状がある場合のフットケアは、まずは皮膚科などの専門で見てもらう事が重要です。水虫には似たような皮膚疾患が多くあり、顕微鏡の検査などで本当に水虫なのか診察する必要があります。

水虫は治らない病気と考えている人が多くいます。実際に、抗生物質などが開発され感染症に対する治療方法も多く確立された現代でも、水虫が治りにくく完治が難しいとされています。

水虫が治りにくいのは、水虫の適切な治療ではない治療を行ってしまっていることが考えられます。水虫だと思っていたら、無関係な皮膚病に感染しており、水虫の原因とされる菌も白癬菌以外にもあるので、きちんと対応した治療を行わないと、症状を悪化させるだけになってしまいます。

水虫には市販の水虫薬もたくさん出ており、基本的に、水虫症状の原因菌があっていれば、市販薬でも足白癬治療は十分行うことができます。

しかし、かかとの角層といった硬い皮膚では、薬の成分厚くて硬い角質層を浸透しきれずに、患部まで届いていないこともあります。また、水虫なのに間違えた判断で治療していると、治りが悪くなって、完治が難しくなっていってしまうのです。

水虫の原因菌が最もメジャーな白癬菌ではなかった場合、カンジダというカビが原因の事が多いですが、症状は似ていても治療方法は異なるので、治療で使用した薬が異なると、症状が悪化してしまうとされています。他にも、自分の判断で勝手に治療をやめたりすると、菌が死滅しきっていないだけなのに、再発したように感じる人が多いとされています。

スポンサードリンク