フットケアどっとこむ

水虫とフットケア

水虫の薬

水虫の治療の為のフットケアでは、まずは薬によって行う事が一般的です。最近の水虫薬は、市販の場合も医療機関で使用している成分と同じような成分が使用されており、自宅でも1日何度もつけなおさずに治療していく事ができます。

ただ、自分で行う水虫のフットケアの場合、判断が非常に難しく注意が必要になります。水虫の治療は薬を塗っているとすぐに良くなりますが、症状が回復して安心して治療を止めると、実は完治しておらず、水虫菌が残ったままで再発してしまいます。

この為、水虫の症状で痒いときや、皮がむけたときだけ薬を使用していても意味がないのです。水虫の治療では、角質の新陳代謝を考える必要もあります。角質は肌の新陳代謝によって約1ヶ月で入れ替わりますが、最低でも1ヶ月は治療を続けないといけません。

皮膚科で水虫のフットケアを行う場合、塗り薬以外に飲み薬も使用する必要がある場合があります。水虫の飲み薬は市販されていませんが、皮膚科では医師の指示のもと正しく服用することで、1~2週間で回復できるとされています。

また、爪水虫の場合、1カ月で入れ替わる皮膚とは違い、爪が入れ替わるには半年ほどかかるので、この間継続した治療が必要になります。 水虫は病因で治療しても、治りが遅いとされています。

これは、皮膚科の医師であっても顕微鏡できちんと検査しないと診断を間違えてしまい、誤った治療を続けてしまうことが原因です。水虫の治療では、検査などもきちんと行ってくれる信頼できる医師に治療して貰いましょう。

スポンサードリンク