フットケアどっとこむ

水虫とフットケア

水虫フットケアの注意

水虫は非常に感染力が強く、家族に水虫の感染者がいる場合、同居している家族も高確率で水虫に感染する危険があります。水虫が家族に広がってしまわないように、根気よく治療する事が大事です。

まず、家族内感染を防ぐために、水虫の原因菌が繁殖し難い環境を作る事が大事です。室内に落ちているホコリやゴミは、感染者の白癬菌に侵された垢が混入している可能性があり、部屋の掃除はマメにおこなうようにしましょう。

また、無駄に垢をばらまかないように、スリッパをはくようにして専用のものを用意し、家族は共有する事のないようにしましょう。

また、スリッパ内で菌が繁殖しないように、こまめに洗うって天日干しすることも重要です。水虫に最も感染しやすいのは、高温多湿の保たれたバスマットで、必ず乾かして使用するようにし、洗濯はこまめに行って清潔にするようにしましょう。

水虫の治療では、最低でも1カ月以上の治療が必要で、かゆいときだけ薬をぬったり、症状がなくなったからと勝手に判断してやめてしまうことのないようにしましょう。水虫菌は角質層の深いところに住みついているので、角質が完全に入れ替わるまでは治療が必要で、毎日継続して薬を塗る事が必要です。また、水虫には様々な民間療法が伝えられています。

民間療法で治る病気もたくさんありますが、水虫に限っては民間療法は信用できず、必ず皮膚科で見てもらうようにし、市販の薬で治療する場合も一度検査してから使用するようにしましょう。

スポンサードリンク