フットケアどっとこむ

水虫とフットケア

水虫予防

水虫の原因菌である白癬菌やカビの仲間は、高温多湿の環境を好む傾向があり、水虫予防のフットケアでは、乾燥や通気性がポイントになります。常に靴や靴下を身に着けている足は湿度が上がりやすく蒸れやすいとされています。

靴を履いている状態では、足の湿度は95%以上と言われ、温度も32℃以上にもなっています。このような環境は、水虫菌が繁殖するのに絶好の環境で、50℃以上になると水虫菌は死滅するとされていますが、人間の皮膚も大やけどしてしまうので、温度を上げて対処することは出来ません。

この為、水虫のフットケアでは足の乾燥を心がけることが重要になります。靴をはく必要のない自宅などでは、できるだけ裸足で過ごすようにして、会社でもサンダルで過ごすようにしましょう。

また、靴下は5本指の物の方が、足の指が密着しないので通気性が上がります。水虫菌は高温多湿になる活発に繁殖し始めるので、既に感染している場合は、お風呂上りによく乾燥させて、水虫菌の繁殖し難い環境にしましょう。

また、足の乾燥だけでなく、部屋も湿気は少なくして乾燥させ、定期的に空気の入れ替えなどを行う事が、水虫菌のフットケアには効果的です。水虫予防には清潔を心がけることが大切です。この清潔とは体はもちろん、部屋などを清潔にすることも含まれます。

乾燥だけでなく、清潔を保つ事も水虫のフットケアには効果があり、不潔な状態では水虫の原因菌に感染されやすくなります。もし、家族が水虫に感染していて、水虫菌の付いた垢などに触れても、24時間以内に洗い流せば感染はないとされています。この為、毎日入浴して身体を清潔に保つ事が、水虫のフットケアでは大切です。

スポンサードリンク