フットケアどっとこむ

足の臭いとフットケア

靴・靴下

足の臭いの原因は雑菌の繁殖によるもので、臭いのフットケアでは繁殖を抑えるために 靴や靴下についても対策が必要です。まず、フットケアで重要な事は、足を高温多湿の状態にしない事になります。

足が高温多湿の状態になると、足が蒸れてしまうと雑菌が繁殖しやすくなるので、フットケアの基本は裸足でいるようにし、通気や換気をよくしておくことですが、昼間に仕事をしている場合は、ほとんどの人が裸足で過ごす事は難しいでしょう。

臭いのフットケアとしては、なるべく通気性の良い靴をはくようにして、風が通りやすくムレない靴を選ぶようにしましょう。通気性の良い靴としては、サンダルなどが一番です。

しかし、仕事をしている場合や、冬などはサンダルで過ごす訳にもなかなかいきません。最近では、皮靴でも通気性を考えた商品が多く、なるべく通気性に優れた靴をはくようにして、1日中靴を履きっぱなしにならないようにし、昼休みなどは靴を脱いで乾燥させるようにしましょう。

また、スニーカーは皮靴よりは快適そうですが、ゴム底の為通気性が良い訳ではありません。スニーカーは皮靴と違って、水洗いなども出来るので洗濯して雑菌を減らしたり、天日干しするだけでも殺菌効果をえられるので、晴れた日などに行うようにしましょう。また、吸湿性の高い靴下をはく事も、フットケアでは大切です。

綿素材は汗をよく吸収するので、靴を履くときは綿素材の靴下を着用するようにしましょう。素足で靴を履いてしまうと、汗が吸収されにくいのに、靴の中に熱がこもって雑菌が繁殖してしまいます。

スポンサードリンク