フットケアどっとこむ

足の臭いとフットケア

消臭対策

足の臭いのフットケアは、石鹸で良く洗うといった方法である程度解消出来ますが、靴に染みついた臭いは、なかなか解消する事ができません。しかし、スニーカーやサンダルと違って、皮靴はなかなか洗う事も難しいです。

皮靴などの場合は、10円玉を使って靴の臭いを取ることができます。皮靴の中に10円玉を4~5枚入れておくだけで、10円玉に含まれる銅の成分で靴の中で雑菌が増殖するのを防ぎ分解してくれます。

靴の中に一度に多くの10円玉を入れるほど効果があり、1度使用した10円玉でも半永久的に繰り返し消臭に使用する事ができます。ただ、10円玉を入れたまま靴を履く事のないように注意しなくてはなりません。10円玉は靴の中に長期間入れておくとカビが生える事があり、カビの生えた10円玉が肌に長い間触れると非常に不衛生です。

10円玉以外にも日常グッズで消臭を行う事ができ、緑茶のカテキンなどの力で臭いを取る事も出来ます。緑茶を靴に入れる訳ではなく、緑茶を入れた出がらしの茶葉を、よく乾燥させてからガーゼなどに包み、靴の中に入れておきます。

出がらしのお茶っぱであっても、茶葉には強力な殺菌や消臭効果があるので、脱いだ靴の中に入れておくだけで臭いを消す事ができます。

また、靴を履くとき中敷も湿気をためやすく、雑菌が繁殖しやすくなっているので、消臭加工が施された制菌効果のある中敷きを使用するようにし、臭いなどが気になってきたら新しいものに変えましょう。このように、フットケアだけでなく足に使用する物に対しても臭い対策する事が、足の臭いの対策には必要です。

スポンサードリンク