フットケアどっとこむ

足の臭いとフットケア

足の臭い

フットケアには、足の臭いを予防解消する物もあります。靴を脱いだ時に、独特な嫌な臭いが発生する人がいますが、特に体臭と関係なく臭いが発生しているようです。

足の臭いは、皮靴を履いて1日中働いている男性に多いというイメージがありますが、実はブーツをはいている女性なども足の臭いは発生しており、男女に関係なく足の臭いには多くの人が悩んでいる事になります。

足の臭いに対するフットケアをきちんと行わないと、人前で靴を脱ぐ事がためらわれるようになってしまいます。足の臭いが発生する原因は、足の裏にあるエクリン腺という汗を出す汗腺が、たくさん存在している事が関係しています。

足の裏は、普段は靴下にかくれて気付きにくいのですが、足の裏は身体の中でも最も汗をかく気易い部分であるとされています。足の裏は1日にコップ1杯分は汗をかくとされており、汗に対するフットケアをきちんと行う必要があります。

しかし、汗をかいただけでは、独特な嫌な臭いはしません。足の臭いの原因は、足がたくさん汗をかくこと以外に、足に常在する雑菌が古い角質や汗を分解することで悪臭を放っているとされています。

汗と雑菌に対してフットケアを行わないと、細菌が繁殖して悪臭が発生し、水虫にもなりやすいと言われています。靴で密閉された足は、菌が好む高温多湿な環境で、特に革靴は通気性も悪く、革の臭いなども混じって強い悪臭がとなるとされています。汗自体に臭いがなくても、足には常在菌がいるので汗をかくと悪臭が発生してしまい、十分なフットケアが求められます。

スポンサードリンク